〜荻野和也 プロフィール〜

荻野和也

2000年 酪農学園大学 酪農学部 食品科学科卒
2000年 株式会社シャトレーゼ 入社 ※0
     アイス部 製造ラインオペレーター
     和菓子部 商品開発 ※1
2003年 株式会社 紀ノ国屋 和菓子職人
2006年 渡辺農園 切り花栽培研修
2007年 荻野農園 就農
2010年 富士ブランド認定の荒茶 「この未熟もの!」発売開始 ※2
     青年農業士 富士支部会長
2011年 富士ブランド認定の冠茶「わたし、甘えんぼ。」発売開始
     地域力活用新事業全国展開プロジェクト委員
2012年 JA全国青年大会 青年の主張 優秀賞 受賞

※0
お土産に興味を持つ。
楽しかったという気持ちをおすそ分けするという感じがいいと思いその中でもなぜかお菓子のお土産に興味を強めた。
そしてお土産屋さんの就活をしていた。でも、なかなか内定取れなかった。

※1
『下萌』という商品に出会う。雪の下に緑が萌えているのを表現したお菓子
薄い白い饅頭で緑色の餡を包んだもの。
見た目と言葉の響きの美しさに、感動しどんどん和菓子にひかれていく。
子孫繁栄を祈る柏餅など、意味のあるところが好き

※2
工場で、できたてのお茶を飲んだ時、
おいしさに衝撃も受ける。
しかも、それが、荒茶と言って市場に出回る商品でないと聞きさらに衝撃を受けこれを、もっと多くの人に楽しんでもらいたいと考え、『この未熟もの!』商品化。

ページのトップへ

荻野農園紹介

荻野農園コバン井戸端荻野農園では、お茶から、花の栽培、きのこ、夏いちごまで、幅広く生産出荷しています。
きのこ栽培に使用したおがくずやお茶ガラなどを堆肥として利用する循環型農業は、土の物理性(水はけの良さや肥料を保持する力)が強化され、化学肥料の使用を極力減らすことができます。

各農産物を自主農園敷地内で栽培する集約型農業のため、目の行き届いた管理が可能です。

ページのトップへ

きのこ栽培 ~ヒラタケ・エリンギ(秋冬限定)~

ヒラタケ、エリンギ(秋冬限定)
室温・湿度管理のされた室内にて、ヒラタケ、エリンギ(秋冬限定)を栽培しています。
収穫直前に太陽のひかりをたっぷり浴びさせて色も良くなった元気いっぱいのきのこ達を出荷します。
お使い物用などにもお喜びいただける、きのこ箱詰めを一箱1,000円にて販売いたしております。

ページのトップへ

切花栽培 ~トルコギキョウ・金魚草・ストック等~

金魚草

冠婚葬祭などにもよく使われるトルコギキョウや金魚草、ストック、ラナンキュラス、スターチスなどの花を栽培しています。
秋には上の写真の花たちも満開に咲きます。
大渕ふるさと村や、富士宮市の農民市場などでもご購入いただけます。
GWには、花摘み体験も予定してますのでお楽しみに。

ページのトップへ

お茶栽培販売 ~やぶ北茶・狭山かおり~

やぶ北茶をメインに、狭山かおり

やぶ北茶をメインに、狭山かおり等の品種も少し栽培しております。
富士山の麓、朝晩には霧(もや)の出る標高500mの地で育まれた、うすくてやわらかい生葉が育ちます。
「この未熟もの!」は、こちらの茶園からとれた一番茶のみを使用しています。

ページのトップへ

荻野農園 所在地

代表:荻野和也(未熟もの)
住所:静岡県富士市大淵8462
電話番号:0545-35-0268
大きな地図で見る

ページのトップへ